Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

薬剤師になりたい!そんな薬学部の学生生活は想像以上に大変だった…

この記事にコメントする

皆さんは薬学部についてどのような印象をお持ちでしょうか?

「薬剤師になるための学部」「薬について専門的に学ぶ場」「就職率が良い」「6年制のため、学生生活が長くて羨ましい」といったイメージをお持ちの方が多いと思います。

しかし、実は薬学部と一口に言っても様々な種類があったり、世間一般のイメージと異なることも多くあります。

私自身、6年制学科の薬学部に通っているので、薬学部について詳しくみていきましょう!

薬学部も4年制と6年制があるって知ってた?

薬学部は世間で誤解されがちですが、薬剤師養成課程としての6年制学科と、大学院進学を前提とした薬学研究者養成課程としての4年制学科というように、2006年機能別に「分離」されました。

4年制学科では国家試験を受ける資格は基本的に与えられません。

国公立大学優勢?国立と私立の薬学部の違いとは?

受験生の皆さんは国公立大と私立大の薬学部の違いに戸惑っていることと思います。よく世間では「国公立大の4年制学科は研究に特化しているが、6年制学科は国家試験のための面倒見が私立に比べて良くない」と思われがちです。

確かに薬剤師免許がなくても新薬の開発や薬の研究はできます。これらの仕事に特化して将来を設計している人は4年制に行くのがBestですが、国公立大の6年制学科も私立大と同じようにシステムが組まれています。

何より、国公立大の薬学部に合格出来る学生ならば、薬剤師国家試験は普段の大学での勉強、実習を普通にこなしていれば難なく通過できます。受験で得た継続して勉強する力と試験への適応力をもっているからです。

国公立大の薬学部入試は大変難関ですが、何より1年間の学費は約私立の3分の1であり、これは大きな違いです。

shutterstock_185430884

私立大はというと学費は尋常ではない程高額なのが事実ですが、国家試験合格率をあげようと勉強する環境が否応にも整っています。

定期試験を上手く通過できないと留年してしまいますし、国家試験の前には卒業試験もありますから、国家試験で合格できると判断された学生しか受けさせないように大学側が操作しているということも現実にあります。(強いて言えば、私立大の学生生活の方がストイックではないかとは感じています)

とにかく、どこの大学に行くにせよ、周りに流されず、継続して勉強することが大切になります。

薬学部生の気になる学生生活は、やはりハードだった?

6年制の学生生活の主な流れだけご紹介します。

1.2年次 → 薬学基礎科目

3年次→薬学専門科目

4年次→研究室+薬学共用試験有

5年次→実務実習(薬局、病院等)

6年次→卒業研究+総合学習+薬剤師国家試験

かなり堅苦しいので、少し砕いて見てみましょう!

《1.2年次》

「薬学部は薬を専門的に学ぶだけ」と思う方もいるかもしれませんが、薬学部は他の理系学部とは少し違ってきます。受験で必須科目の化学だけでなく、生物、物理といった基礎科目を学ぶことになります。更に、生化学、分析化学、解剖学、物理化学、ゲノム生物学等々化学、生物分野において細かく科目が分かれているのです。

ここで高校時代に生物や物理を学んでいないと中々苦戦します…。私も物理の知識は0だったので、勉強時間を長めに確保しました!

そして、1.2年次で学ぶ基礎科目は国家試験で得点率が非常に低い分野だそうで、盲点になってくるようです…。

《3年次》

今までの基礎知識を医療や健康、薬を治療に使うためのメカニズムへと応用していきます。先輩方は口を揃えて「3年生が1番大変だよ」とおっしゃいます…。というのも本試験で学年の3割しかpassできない科目もあるようで、全科目を通過することは容易ではありません!再試験で必死にくらいつくのが薬学部ならではですね。

《4年次》

4年生は今までの成績を元に各研究室に配属され、1年間通うことになります。

そしてクリスマス辺りになると国家試験の次に大きなテストとなるCBT とOSCEYが行われます。コンピューターによる基礎学力試験と実技を披露する臨床能力試験を通過しなければ5年生にはなれません。というのも、5年次の薬局、病院での実務実習をこなすための最低条件がそのテストで計られるということになります。

《5年次》

ようやく実務実習!!

薬局、病院に赴いて実務を2ヶ月半程ずつ行います。

大学によっては+αで進路に合わせた実習を行うことになります。

多くの学生は実習が終了すると、就活を開始します。(企業によっては実習をこなしながら就活しなくてはならない場合も…)

薬学生は確かに就職率が他の学部卒の学生に比べると良いとは言えます。薬局、ドラッグストア、病院勤務はもちろん、企業、治験、衛生管理、公務員等々…本当に職種、働き場所は豊富です。

《6年次》

 

実習に基づき、国家試験対策として5年間の総復習を1年かけて行います。

3月頭に国家試験が行われ、合格すると晴れて社会人デビュー!

いかがですか?

「学生生活が長くて羨ましい」と思われがちですが、このように6年間で'やらなくてはならないことが山ほどあり、レポート課題、テストや実習を乗り越えてはまた次…と忙しい学生生活なのです。

ですが、多くの学生は忙しいながらも学生生活を充実させています。時間の使い方が上手になり、徐々に慣れていくと、講義後、実習後にアルバイトをしています。

そして皆で協力し合ってテストや実習を乗り越えていき、器用さ、協調性が自然と身についていくのです。

ただ、大学に入って思うのは、国家試験に合格するために勉強することに重点が置かれがちで、その先のこれからの薬剤師のあり方について違和感を感じてしまうことです。

事実、世間からは「薬剤師って必要あるの?」と言われたり、「薬出してるだけだよね」と言われたり…。

医者や看護師等は、臨床の現場に携わっているのに比べて薬剤師のこなす職務は認められにくいとも言えます。

こんなにも学生の間に幅広く医療や科学を学んでいるのに、上手く活かせていないように私は感じます。

薬剤師にだけできることはもっとたくさんあるはずです。そして、関わる患者さんに薬剤師について知ってもらう必要があります。

specialistでありながら、広い知識をもつ薬剤師のあるべき姿をこれから考え、伝えていきたいものです。

皆さん、薬学部について少しは知ることができましたでしょうか?

多少の違いはあるとは思いますが、これを機に医療や薬、学生生活について考えて頂ければと思います。

2015/03/31

Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

Scroll btn b7b0a99d7f8504053fadef9a662611d4469b8039cd15d71f14e5b6a1cf11cfa1