Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

甲子園行きすぎ!東大行きすぎ!県下No.1”静岡高校”の文武両道が凄い!

この記事にコメントする

春のセンバツ15回、夏の甲子園24回出場。

破壊力抜群の打線を誇る静岡高校野球部。

何かと静岡高校野球部が注目される今日この頃であるが、その理由は出場回数やチーム打率云々といっただけのものではないようだ。

偏差値は71!県内屈指の進学校

静岡高校は1878年に創立され、今年で138年目を迎える県立高校。略称は「静高」。

毎年、東大合格者数は二桁であり、歴代累計では県下トップの約700人。

実は、野球以外の部活動でもかなりの好成績を収めている。今回は、まさに文武両道といえる静高について紹介しよう。

野球部と一般生は同じクラス!

まず多くの人が考えることは、「野球部って推薦で入ってるんでしょ?どんなに勉強できなくても野球さえ上手ならいいんだよね?」ということである。これは、半分正解、半分間違いである。

静岡高校では、一学年につき10人前後、「裁量枠」という名目で野球部に入部する生徒を募集している。この「裁量枠」は静岡県の公立高校に設けられている制度であり、例えば内田篤人の母校清水東高校や、長谷部誠の出身校藤枝東高校など、サッカーの名門校ではこの枠をサッカー部に振り分けている。

裁量枠で入部する野球部の生徒だが、なんと授業は全て一般生と同じものを同じ教室で受ける。甲子園球児が、東大志望者の隣で授業を受けているのである。これは、私立の強豪校では見られない光景だろう。つまり、あまりにも学力が低く授業の進行に支障をきたすレベルの生徒は入学できない。

続いて、気になる校則について調べてみよう。筆者の母校は、制服の着こなしに厳しいルールがあった上、なんと男女交際まで禁止されていた。

校則は「下駄禁止!」それ以外は特になし?

静高の校則は基本的に緩い。男子、女子共に、制服を着ていれば特に問題ないとのこと。地味な制服を可愛く着こなすため、女子生徒は様々な工夫を凝らしているそうだ。しかし一点、明確に禁止されている事項がある。それが、「下駄禁止」というものだ。静高は校内土足であるため、床が傷つかないようにこのような規則が設けられているのだろう。

さて、次は、実際に静高出身者(一般生)にインタビューをしてみよう。彼らは一体どんな学校生活を送っているのだろうか?

なぜ静高を受験したのですか?

自分でもよくわかりませんが、静岡市の中学では、成績優秀な生徒は自動的に静高を目指すようになります。誰かに静高受験を強制された記憶もないので本当に謎です。特に高校受験時に志望校選びに迷ったこともありませんでした。

野球部の生徒との関わりはどうですか?

3年間、野球部とは同じクラスで同じ授業を受けてきた仲間なので、野球応援の時は本当に熱が入りますね。いつもしゃべっている友達がグラウンドで躍動しているのを見ると、ちょっと不思議な気持ちにもなります。

野球部の生徒は授業についていけてるんですか?

う〜ん、まあ、かなりハイレベルな授業なのでしっかり理解している野球部員は少ないです(笑)でも、やっぱり野球部の方針として「授業にはしっかり取り組む」というものはあるみたいですね。授業態度が悪い生徒はグラウンド立ち入り禁止になる場合もあります。また、野球部にも、一般受験で入学した生徒はいます。その中には、野球と勉強を両立させながら国立大学を目指すような生徒もいるんですよ。

静高生は愛校心が強いようなイメージがありますが、その点についてはどう思いますか?

愛校心は、かなり高いです。テレビで静高が紹介されるようなことがあればもうTwitterは大騒ぎだし、卒業生みんなのアイデンティティの中で”静高”が占める割合は相当高いんじゃないかなと思います。そして、卒業生の心を静高に繋ぎ止めるのはなんと言っても野球応援でしょう。静高のOBは本当に母校愛が強くて、野球部のネット裏にはOBが練習を見るためだけにつくられた通路もあります。

静高のいいところ、イマイチなところをそれぞれ教えてください。

いいところは、どんな生徒にも居場所があるところ。人それぞれの個性を受け入れることのできる器の広さを持った生徒が多いと思います。あとは、部活が盛んであるというところ。進学校だからガリ勉ばかりでしょ?なんていうのは大きな間違いで、ラグビー部は一昨年県大会優勝、テニス部も総体で全国優勝経験があって、近年も全国で結果を残してます。弓道、マンドリンもかなりの実力があります。

イマイチなところは…テストが多いことですかね。あとは、伝統校特有の頑固さみたいなものもあるかもしれません。壊れてるトイレが多くて、流すのにペットボトル使ってるとかもあります(笑)

ご協力ありがとうございました!

 

さらに、次は静高の校歌に隠された逸話を紹介しよう。

短く、シンプル!校歌の裏に隠された真実

岳南健児 一千の

理想は高し 富士の山

八面玲瓏 白雪の

清きは我等の 心なり

静高の校歌はご覧の通り、非常に短い。甲子園のテレビ中継でも、その短さに「え!?もう終わり?」と驚いた人も多いかもしれない。

しかし、この校歌には、”消し去られた”2〜4番が存在するのである。

その部分に関してこの記事では触れないが、”消し去られた”理由は、簡単に言うと「現代の世相にそぐわないため」というものである。

興味のある方は、是非調べてみるといいだろう。

さて、今回は静岡高校について紹介した。「地元でいちばんの伝統校」を体現したような、本当に「高校らしい高校」である。同じ学び舎で野球部は甲子園を、一般生徒は東大を目指し、それぞれがその道の頂点を極めようと日々鍛錬している。その姿は非常に美しい。

また、出場校のうち私立高校がほとんどを占める甲子園で、このような伝統公立校が奮闘している姿は非常に応援のしがいがある。

文武両道を掲げ、たゆまぬ努力を続ける静高生に脱帽だ。

2015/03/27

Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

Scroll btn b7b0a99d7f8504053fadef9a662611d4469b8039cd15d71f14e5b6a1cf11cfa1