Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

【就活】三菱、双日、三井……商社に就職したい大学生がするべきこと

この記事にコメントする

大人気の商社だけど、何してるんだろう?

学生が選ぶ就職先として「商社」は絶大な人気を誇る。海外で活躍したい、大きな事業に関わりたいと考える学生の就職におけるファーストチョイスとなっている。

しかし、イマイチ商社がどういったものかわからない人もいるのではないだろうか?また、商社に勤めるにはどのようなスキルを身につければいいのか疑問に思う学生もいるはずだ。

今回は、商社というものがどういったものかを踏まえつつ、商社に勤めるにはどのような学生生活を送ればいいのか紹介する。

商社にも種類があるって知ってた?

商社には、大きく分けて2つの種類があるのをご存知だろうか?「ラーメンから航空機まで」といわれるように様々な事業・サービスを展開する「総合商社」と、特定の分野・業種に特化して事業を行う「専門商社」の2つである。

一般的に日本で総合商社と呼ばれるのは、7社だけである。三菱商事伊藤忠商事丸紅三井物産住友商事豊田通商双日の7社だ。

一方、専門商社は企業数が多い。日鉄住金物産や三菱食品、阪和興業などが有名だ。総合商社や大手メーカーの子会社や関係会社も数多く存在する。

収益をあげるのは「トレード」と「事業投資」の二つの武器

トレードは、商社の扱う伝統的かつ基本的なビジネスだ。マーケティングから始まり、ビジネスに密着した金融・保険をフルに活用、取引の流れを構築して、国際的に物資を販売・流通させる。 事業投資とは、商社が国内外の企業に人材・資金・経営ノウハウ等の経営資源を投入し、投資先の企業の価値を高めることにより、配当から利益を得たり、グループ収益を図ったりすることである。

例えば、サハリンで行われている油田・天然ガス田の開発プロジェクトには、三菱商事や三井物産が出資している。このように、資源開発などをはじめとした国家規模のプロジェクトに携われるのが商社の魅力だろう。

しかし、近年は資源ブームが終わりつつある。IT業界など成長の見込みがある分野の収益を拡大しようとする柔軟な動きが見られる。ローソンなどのコンビニが三菱商事の系列に入ったのも1つの例だろう。

商社のイメージが掴めたところで、商社で働くために必要なスキルを見てみよう。三井物産の元副社長の体験談も含まれている。是非参考にしてほしい。

語学力も重視されるが、大切なのは「学ぶ姿勢」

筆者は三井物産の元副社長である駒井正義氏と大学の講義を通して話をしたことがある。駒井氏によると、商社で働くのに一番必要なことは「学ぶ姿勢」だという。

「『商社に向いているのは体育会系の人間』という常識は、もはや古い。時代の流れについていけるような勉強量が必要であり、勉強の中身以上に自分に合った勉強方法を確立することが大切だ。」

また、大局観や物事の本質を見極める力も重要だという。そのような力を養える期間は大学の間だけだそうだ。

また、ネットでよく見かけられる「商社には語学力が必要」という話は事実のようだ。実際に、三菱商事ではTOEIC750点のスコアがなければ課長に昇進できない。

駒井氏が若手だった当時は、英語を話せる人は珍しかったそうだ。しかし、今の三井物産の新入社員の多くはTOEICハイスコア取得者や海外留学経験者であるという。

 

駒井氏自身も、英語で非常に苦労した経験を持つ。

貿易部門に所属していた時の話だ。国内の鉄鋼メーカーから買い取ったものを海外に売る仕事をしていた。テレックス(当時はメールはない)での連絡なら、文面でのやり取りだから英語で丁寧に理由を書いて断ることができた。 しかし、困るのは電話での英語の会話だ。上手く断れなくて『OK! I accept!』と答えるしかなく、なんでもかんでも引き受けてしまい、いつしか”Great Komai”と呼ばれていた。

同じく、ネットで見かける「商社に必要なのはリーダーシップ」についてだが、駒井氏によれば「理論化されたリーダーシップなどない」ということだ。

「部下も人間だ。部下1人1人の性格・個性が違う。成長度や、仕事の出来具合も違うだろう。彼ら1人1人にあったリーダーシップというものがある。ただし、組織全体でゴールを共有することが大切だ。」

shutterstock_245951755

数多くの実績を叩き出し、三井物産の副社長にまで登り詰めた駒井氏のアドバイスは非常に参考になるのではないだろうか?しかし、商社勤めは激務であることで有名だ。商社に就職することを諦めたり、不安に思ったりしている学生もいるだろう。

駒井氏の経験とアドバイスを踏まえつつ、その点について紹介していく。

仕事と生活のバランスをとる秘訣は?

駒井氏によれば、1度闘争心が芽生えると仕事と生活のバランスを取ることが難しくなるそうだ。

駒井氏自身も、過去に10億円の不良債権を出したり、執行役員になる直前で左遷されたりした経験があるという。仕事に専念しなければならない時期は確実に訪れる。そんな時は、人生全体で休養と仕事の均衡をとることができればいいという考えで何とかなんとか乗り切るそうだ。

ここで、商社において面白い会社生活を送るために必要な4つの心がけを紹介しよう。

1 健康を維持する。(美味しいものを食べて美味しいと感じる、美しいものを見たときに感動で心が動く状況) 2 言いたいことを言って、やりたいことをやる。 3 自己実現の方向に自分が向かっていることを実感する。 4 自分は周囲の人に認めてもらっているのだと考える。(上司からの信頼、部下からの尊敬)

これらを適切に実行することができれば、朝起きて会社に行くのが楽しみになるという。つまり、仕事が楽しくなるのだ。激務と言われる商社で働き続けるための秘訣である。

今回は就職先として人気の商社について紹介してきた。商社という仕事のイメージがみなさんの頭の中に少しずつ湧いてきただろうか。国家規模のプロジェクトに携わることもできる反面、結果を出さなければ左遷されることも珍しくない商社の世界。

しかし、夢のある職種であることには間違いない。これからも多くの就活生が、商社を志すことだろう。

2015/03/14

Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

Scroll btn b7b0a99d7f8504053fadef9a662611d4469b8039cd15d71f14e5b6a1cf11cfa1