Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

【進路相談室】世界のために働きたい!国連に就職するための準備って何があるの?

この記事にコメントする

もし将来、国連で働くには一体何をするべきなのだろうか?昨今の日本社会ではグローバル人材が注目されており、国連で働くことを考えている学生も多くいるだろう。

しかし、イマイチ何をしたらいいのか分からないというのが現状ではないだろうか?

日本で普通に学生生活を送っていると、国際機関で働くことは想像し難い。また、身近に国際機関に勤めている人も多くはない。

国連で働くにはどのような学生生活を送れば良いのか調査してみた。

国連で働くのに必要な最低条件とは?

国連で働くための必要最低限の条件とは何だろうか?まずは、どのポストに就きたいかを考える必要があるだろう。例えば、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連人権高等弁務官事務所(UNHCHR)、国際労働機関(ILO)などが挙げられる。

希望するポストがどのような人材を求めているかを把握することにより、学位の取得から積むべき職務経験まで、今後のキャリアパスの計画を立てるのである。

・語学力

・修士号以上の学位

・職務経験(専門性)

この3つが、一般的に求められる条件・資格である。

「語学力」は、英語もしくはフランス語で業務遂行可能なレベルが求められる。具体的には、苦もなく文書による報告ができる、会議を主催できるという程度の語学力は最低限要求される。

つまり、ライティング、スピーキングなど総合的な語学力を身につけなくてはならない。

また、他の国連公用語の知識があると良い。例えば、ロシア語、中国語、スペイン語、アラビア語などが挙げられる。第二外国語の授業で、これらの言語を選択してみるのも良いだろう。

国際機関は、即戦力となる人材を求めている。例えば、発展途上国の医療に携わるポストに就いたのなら、着任した初日から働けるような医学知識、公衆衛生などの高い専門性が必要とされるのである。

そのため、一般的には応募するポストと関連する修士号以上の学歴は必要とされている。しかし、ポストによっては複数の学士を持っていれば修士と同等とみなされる場合もあるようだ。

また、応募するポストと関連する専門性のある職務経験が必要とされる。最も低いレベルのポストでも2年以上の職務経験が求められる。

そこで気になるのが、どの大学・学部に入ると国連で働くのに有利になるのかということだ。また、国際機関にはどのように応募すればいいのだろう。

国際関係の学部でなくてもニーズはある!

「国連職員になるのに有利な大学は、国際基督教大学や上智大学である」といった類の噂が伝播しているようだが、決してそのようなことはない。確かに、上智大学からは多数の国連職員を輩出しているが、特別有利であるというわけでもない。

国連職員NOW!」(国連フォーラム)では、国連職員のインタビューが多数掲載されているが、彼らの出身大学は多岐にわたる。

同様に「国連なのだから、学部は国際関係が有利」と思われがちだが、そのようなことはない。そのような学部に進学することも正しい選択肢の1つだが、医学、政治学、農学、環境学、理工学、建などの分野もニーズは高い。

例えば、開発関連の分野だと経済学と金融学、会計学などの修士号が求められる。つまり、経済学部や商学部から国連職員を目指すこともできるということだ。

修士号などの学位取得についてだが、日本の大学で取得しても構わない。ただし、語学の習得を目指すのであれば海外の大学院に進学することも視野に入れておくと良いだろう。ネットワークを作ったり、国際機関でインターンシップをしたいのであれば、海外の大学院に進学する方が有利ではあるようだ。

気になる国際機関へのエントリー方法…

国連をはじめとする国際機関への応募は、様々な方法がある。以下の4つが、主なエントリー方法である。

(1)空席公告への応募

(2)JPO派遣制度への応募

(3)国連事務局ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)試験

(4)採用ミッション

(1)「空席公告への応募」だが、近年は各機関がネットなどで空席広告を出している。日本でいう中途採用と同じで、資格要件を満たしていれば、応募用紙をサイトからダウンロードして国際機関に直接応募するのである。面接前に筆記試験等により専門知識を審査する場合もあるという。

(2)「JPO派遣制度への応募」は、外務省が国際機関で勤務することを志望する日本人の若者を、国際機関に職員として派遣する。期間は2年間で費用は全額外務省の負担だ。JPOになる以前に、国際機関でインターンシップを経験していることが望ましい。

また、日常業務をこなしているだけでは評価につながらない。自らの価値を証明し続けることが重要である。さらに、正規職員になるには、(1)と同じ手順で応募しなくてはならない。

(3)「国連事務局ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)試験」もJPOと似たシステムだが、とても倍率が高く、厳しい。ただ、年間の勤務の後,勤務中の成績が優秀であれば引き続き採用される利点もある。

(4)「採用ミッション」は、短期契約、技術援助プロジェクト等のスタッフとして働き始め、その後、業績を積んだ上で、空席に応募する方法である。

以上、国際機関に必要な資格習得から応募までの流れを見てきた。国連職員になった人は、海外の大学院に進学し、海外での職務経験を経てから、応募するというパターンが多いようである。

しかし、ここまで見てきても国連という存在が遠いと感じる人もいるだろう。国際機関でインターンシップをするのにも、海外にいる必要があるなど、少しハードルが高いのが現状だ。

次は、国連とはどういったものなのかを国内で体験できる「模擬国連」について紹介したいと思う。

緒方貞子氏も所属してた「模擬国連」って?

元国連難民高等弁務官である緒方貞子氏は、日本での「模擬国連」活動の創始者である。国連PKO局部長である中満泉氏も模擬国連のOGだ。

模擬国連は、ハーバード大学が起源。現在では世界中の高校・大学において授業で採用されたり学生の課外活動として行われたりしている。それと同時に毎年数え切れないほどの国際大会も開催されている。

日本では、関東の「模擬国連委員会」、関西の「関西模擬国連」を統合した「日本模擬国連(JMUN)」という組織が模擬国連活動の大部分を統括している。

模擬国連では一人一国の大使を任される。特定の議題について担当国の政策や歴史、外交関係などを照らし合わせて、実際の国連と同じように議論、交渉を行う。決議を採択し、国際問題への理解や交渉術の深化を図るのが目的だ。

会議によっては、成果文書である「決議」や「公式討議」と呼ばれるスピーチが英語によって行われる場合もある。リサーチ力、問題発見・解決能力、交渉力、プレゼン力、スピーチ力、思考力など様々なスキルが求められる。

将来、国際機関で働くことを考えている方は模擬国連の大会に参加してみるのも良いだろう。国連という存在が、より身近に感じられるのではないだろうか?また、実際に国際機関で働いているOB・OGを輩出しているというのも魅力だろう。

国連で働くには、相当な努力が必要である。どのポストに就きたいかを決めて、順序立てて行動し、尚且つ結果を出す必要がある。日々の学生生活をどのように過ごすかを考える必要があるだろう。

日本はアメリカに次ぐ分担金を支払っているが、職員の数は多くはないのが現状だ。1人でも多くの若い優秀な日本人が、グローバル問題を解決するため国連へ行くことを願うばかりだ。

2015/03/09

Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

Scroll btn b7b0a99d7f8504053fadef9a662611d4469b8039cd15d71f14e5b6a1cf11cfa1