Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

日本一厳しい学校!謎に包まれた”防衛大”の生活に迫る!

この記事にコメントする

皆さんは、「防衛大学校」(以下、防衛大)という学校をご存知だろうか?横須賀にある防衛大は、陸・海・空 各自衛隊の幹部自衛官を養成する為の機関である。つまり、自衛隊のエリート幹部を養成する学校だ。

近年、防衛大は様々な点から注目されている。防衛大ならではの過酷な訓練と学校形態、「開校祭」名物である棒倒し、さらには就活において企業が防衛大生を歓迎していることなど話題に事欠かない。今回は、そんな防衛大生の生活を詳しく見ていこう。

朝は6時起床!実弾射撃の訓練も!

まずここで、彼らの1日を見てほしい。防衛大生は全員、寮生活を送ることになる。

6:00 起床のラッパが鳴り響く。5分で寝具を片付け、着替えを済ませて学生舎前に整列する。

6:05 点呼が行われる。人数確認後、乾布摩擦を行う。

6:10~6:30 清掃 清掃には決められたマニュアルがあり、順序を間違えると怒られる。

6:35~7:25 朝食 セルフサービスで、パンか米かを選べる。

8:00 国旗掲揚・朝礼 教場(教室)まで行進しながら移動。

8:30~11:40 授業 単位認定は厳しいので、皆真剣に勉強する。

12:00 昼食 全員が学生食堂に集合し、一斉に昼食をとる。連絡事項の伝達、確認も同時に行われる。

13:00 行進して、教場に移動

13:15~16:25 授業

授業終了後~18:30 校友会活動 つまりクラブ活動である。学生は、必ず体育系の校友会に入部することとなっている。

特筆すべきは、吹奏楽部が体育系の部活動として扱われていることである。

17:30(18:15)~19:15 入浴(夕食)

19:40 日夕点呼 洗濯やアイロンがけ 防大に通う筆者の友人は、いまやアイロンがけの名人となったらしい。

20:00~22:10 自習時間 各自、自習室で勉強

22:30 消灯 特に必要がある場合、2時まで消灯を延長することができる。

以上のように、かなり規則正しい生活を送っていることがわかる。私の高校時代の友人の1人が防衛大に進学したのだが、入学当初は覚えることが多く、その疲労から毎日夜は死んだように眠るそうだ。

しかし、ご覧の通り起床は6:00と決まっており、重たい体に鞭打って1日の始まりを迎えていたという。あまりにも忙しく、スマホを見る暇さえない。しかし、一ヶ月もすると徐々に防衛大での生活に慣れ、1年経てば皆垢抜けた精悍な顔つきになるとのことだ。

 防衛大生の給与は月10万円!

防衛大を卒業すると、通常の大学と同じように「学士」の認定を受けられる。しかし、防衛大には授業料というものは存在せず、逆に学生は月額108,300円の給料が貰えるのだ。6月、12月にはボーナスも出る。

それもそのはず、偏差値60以上を超える難関大学並みの難易度を誇る採用試験(入学試験)に合格した学生は、特別職国家公務員にあたる「自衛隊員」の身分になるからだ。

当然のことながら、それ相応の厳しい訓練が彼らを待ち受けている。

恐ろしいほど過酷な訓練の数々…

そんな彼らの訓練は、大まかに以下のような日程で行われる。

4月:春季定期訓練

7月:夏季定期訓練

10月:1年生が約1週間、山梨県の北富士演習場で集中して訓練を行う秋季定期訓練

12月:3、4年生が約1週間訓練を行う冬季定期訓練。さらに、3年生は硫黄島での研修。

具体的には、小銃を使った陸上での戦闘要領や実弾射撃などを行う。先ほど紹介した友人も実弾射撃の訓練をしたそうだが、体に伝わる反動が予想以上に大きかったそうだ。

普段は一般の大学生と同じように授業で学ぶかたわら、週に2時間の通常訓練と定期訓練を行うのだ。次は、防衛大で行われる有名行事を紹介しよう。

8kmの遠泳訓練に漢たちの意地のぶつかり合い「棒倒し」

1年生にとっての最初の試練、それは“遠泳訓練”。この遠泳訓練、なんと1ヶ月も続くのだ。朝8時半に出発、人によっては帰ってくるのは2時半頃だ。食事は、どうするのか?なんと、ボートから教官が金平糖などを流すのだ。

防大生はそれを鯉のように食べる。もちろん、泳ぐのが苦手な防大生の食事はおあずけ。訓練当初は2km泳げば問題ないが、日に日に距離は伸びて最終的には8kmを泳ぎきらなければならない。

そして、2年生に待ち構えるのは4月に行われるカッター競技。これを乗り越えた防衛大生こそが、真の防衛大生とされる。

3年生のイベントは、断郊競技。つまり、クロスカントリーだ。作業服に半長靴、背嚢(はいのう)、水筒等約10kgの装備を身につけ、観音崎公園の一部も使用した高低差約50m、距離7kmのコースを走るタイムレース。

チームで走破し、一番遅い学生のタイムがチームのタイムとなるため、お互いに助け、励まし合いながらチーム一丸となってゴールを目指す。結束力の真価が試される場所だ。

4年生最後のイベントは、持続走競技会。各幹部候補生学校への入校を前に体力・気力を試す最後の場でもある。

そして、何と言っても防大名物の「棒倒し」が華を飾る。防大の学園祭「開校祭」で行われる棒倒しは第一回開校祭から途絶えることなく続いている伝統行事だ。

防衛大生は、入学後と同時に4つある学生隊のどれかに所属することとなる。その4つの学生隊が、それぞれの威信をかけて戦う。参加者は各大隊の精鋭150名。ボクシング部などの格闘技系の部活動の学生は、参戦できない。

ルールは至って簡単。まず棒が競技場内に描かれた円の中に設置される。防御部隊はその円内でのみ行動ができる。試合開始の合図と共に双方の攻撃部隊は相手方の棒に攻撃をかけ、2分以内に相手方の棒を先に倒せば勝利となる。

防衛大生は、棒倒しのために綿密な計画を練るという。他大隊の練習情報を収集するスパイ部隊?まで編成されるそうだ。全学生はヘッドギアを着用、救急車もスタンバイされている。

戦いが始まると、そこらじゅうで文字通りの潰し合いが始まる。服が破れるのは当たり前で、防御部隊の上乗りは容赦なく攻撃部隊の顔面に蹴りをお見舞いする。素人目からすると、計画が練られていたのかどうかすら分からない。

優勝大隊には「棒倒し優勝大隊」と記された看板、優勝旗、優勝カップなどが授与され、学生宿舎に飾られる。ちなみに、毎年何人かが担架で運ばれる。彼らは、命をかけてこの戦いに臨むのだ。

エリート自衛官への道と一般就職

防衛大の卒業式では、みなが帽子を投げる。アメリカの名門ウェストポイント陸軍士官学校で行われているのを真似たもので、投げた帽子は後輩が拾う。帽子は支給品だが、買うことも可能で購入する卒業生もいるようだ。

陸上要員は陸上自衛官に、海上要員は海上自衛官に、航空要員は航空自衛官にそれぞれ任命され、幹部候補生として各自衛隊の学校に入校する。

その後は自衛隊の職域に応じた専門教育を受けながら幹部としての道を進む。将来は各自の能力・努力に応じて重要な地位に就くことになるのだ。

参考引用 :卒業後の進路(防衛大学校HP)

防衛大生の多くは上記のような進路を進むが、卒業する400人のうち約10人は任官せず、民間企業に就職する。彼らは大手企業から高い評価を受ける。頭脳明晰、かつ礼節を兼ね備え、上には絶対服従、だが盲従に非ず。それでいてリーダーシップあり。

防衛大生は、企業が求める理想の人材だ。だが現実問題として、民間企業への就職は難しい。日々の生活に忙しい防衛大生に就職活動をしている時間はないからである。

防衛大生の日常生活と4年間の軌跡、卒業後を見てきた。国の安全を司る自衛隊のエリートたちは、防衛大でしっかりと訓練を積み、私たちと同じように勉学にも励んでいることが分かった。彼らの勇姿に、脱帽だ。

2015/02/03

Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

Scroll btn b7b0a99d7f8504053fadef9a662611d4469b8039cd15d71f14e5b6a1cf11cfa1