Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

文化の差!?日本の運動会はアメリカと全く違う!なぜ我が国の運動会は”異色”なの?

この記事にコメントする

日本と全然違うアメリカの運動会…

日本の学校の恒例行事といえば運動会だろう。子どもたちは1ヶ月前以上から入場行進や組体操などの練習をする。

運動会当日、母親はお弁当を作り、父親は場所取りのために朝早くから学校に向かう。それが、普通の運動会。

しかし、アメリカの運動会は日本のものとは全く違う。運動会から二つの国の文化の違いを見てみよう。

アメリカにはそもそも運動会がない!?

imasia_8365753_S

厳密に言うと、アメリカには運動会という文化は存在しない。

それっぽいイベント「Field day」と呼ばれるイベントは存在する。

このField dayは組体操などのような練習を必要とする競技は無く自由参加OKで、平日開催は当たり前で親が見にくることもない

だから、アメリカの子どもたちはField day当日にどの競技をするのか知ることになり、日本と違って親に運動会開催のお知らせがいくこともないのである。

日本では運動会は子も親も気合を入れて臨むビッグイベントだが、アメリカでは体を動かすだけのイベントなのである。

imasia_7661973_S

競技内容としては、フリースロー、PK、遠投といったような個人種目が多い。

クラス対抗リレーのようなチームで競う競技は少ない。アメリカの文化というべきか、エアバルーンの遊具、フェイスペイントなどがある。

だからこそ、アメリカ人は日本の運動会を見て驚くそうだ。そして、楽しそうだと羨ましがる人も多いとか。

アメリカだけでなく、これは他の国でも同じ。

イギリスでは親は見に行くことは無く、スペインでは競技会はあれど日本の運動会ほど楽しそうではないそうだ。

なぜ運動会という文化は日本だけなのか?

imasia_12284261_S

そこで気になるのが、なぜ日本だけ運動会という文化があり、強く根付いているのかである。

運動会の起源はイギリスだとされるが、日本のように競技・演技を行う形式には発展しなかった。

日本で運動会が行われだしたのは明治時代。初代文部大臣・森有礼が体育の集団訓練を薦めるため学校で運動会を行うようになった。

明治時代というキーワードでピンときた人もいるかもしれない。明治時代といえば「富国強兵」のスローガン。

運動会は子どもたちの発育を促す目的と、クラスで団結、つまり統率力のある軍隊を作る目的があったのである。

だから、いまでも運動会では入場行進を行う。アメリカ人からすると運動会の入場行進は軍隊を連想させるそうだ。

事実、第二次世界大戦下における運動会は騎馬戦といった競技が代表されるように軍国色が強まっていったそうだ。

今の運動会には当時の名残が多くあるというこだ。

日本では常識であることも、実は海外ではそうではないことが多い。グローバルな人材を目指す人間ならば、その辺りの文化の違いを知る必要があるだろう。

2015/06/11

Logo 53dd61093cf8d63d13b3d7524c42fb9bf7adba1c6679e7e2596fdfb6aca875c6

Scroll btn b7b0a99d7f8504053fadef9a662611d4469b8039cd15d71f14e5b6a1cf11cfa1